TEL083-253-1564

FAX083-253-1586

〒751-0841山口県下関市垢田町1丁目11-1
営業時間 8:00~18:00  定休日 日曜日・祝日

お問い合わせ

★雨漏れ補修工事!!

このところの雨の影響で雨漏れがすると言うことで、修理の依頼が3軒ほどありました。

先週の木曜日に、その内に1軒で後田の某お宅から、1階リビングの天井から雨漏れがし、
天井の一部が剥がれ落ちたとのこと。
すぐ調査に伺ってみました。


ご覧の様に1階のリビングの天井に雨漏れがし、天井材の一部が剥がれ落ちています!!


色々調査してみると、すぐ上に2階の部屋があり、その部屋の外に1階の屋根の上に建てる
形でバルコニー設置されていました。


こちらの、お宅の外観!!


雨漏れの原因箇所を特定するのは非常に難しく、厄介で原因と考えられる所を一つ一つ順番に
修理して行くしか方法がなく(特に安く修理をしようとする場合)一度で済まないケースが多々ある。


今回のケースは2階があるため、2階の屋根から雨漏れがした場合は2階の部屋に雨漏れがする
はずである、建物の構造上2階の壁廻りやサッシ廻りそれとバルコニーの取付け部分が一番怪しい
と思われる。

その部分を調査すると、外壁との間やサッシ廻りに隙間があったり、バルコニーや手摺りの取付け
箇所やバルコニーの床廻りも怪しい箇所があったため第一段階として現在の形で出来る範囲の修理
をすることにしました。

壁やサッシ廻りの隙間にコーキングを打つ!!


バルコニーや手摺りの取付け部分にもコーキングを打つ!!


バルコニーに床の壁廻りもコーキングを打つ!!


本当はバルコニーの下の土台廻りの接続箇所も怪しいのだが、その作業はバルコニーを
解体しなければ不可能なため、第一段階はここまでの補修で様子をみることにしました。


*すると土曜日に電話があり、依然よりは少なくなったが、少しまだ雨漏れがするとのことなので
 2日の月曜日に再調査に伺った。


2階の和室の部屋の畳を上げ座板を撤去し調査しようとしましたが、大きな梁があり調査は
厳しいものがありました。
バルコニーの床材も一部撤去して色々調べた結果、99%やはりバルコニーに問題があることが
判りました。

30年前に取付けたと言うバルコニーの土台は鉄製なため、すでにかなり腐食しており、接続に使用
されているコーチングボルトも錆び、この部分が穴が開いている状態でした。
このままではバルコニーがいつ崩れ落ちるかわからないため。その辺の事を施主さんに良く話し、
バルコニーを撤去し壁廻りやサッシの下の水切りも交換することにしました。



雨が上がった5日(木)にバルコニーの解体作業に入りました(電気屋さんにも来てもらい
バルコニーに付いていたBSアンテナの移設をしてもらいました)!!



つづきの作業の様子は次回紹介します。