TEL083-253-1564

FAX083-253-1586

〒751-0841山口県下関市垢田町1丁目11-1
営業時間 8:00~18:00  定休日 日曜日・祝日

お問い合わせ

★陸屋根・防水工事!!

先日、富任町にお住いの方から、倉庫内の天井に雨漏れがするので見てほしいとの依頼が
あったので、現場を見に行きました。


*倉庫の屋根の現状!!(約30㎡あります)


前回の防水工事から14年が経っていると言うことで、全体的に状態も悪く、特に部分は既存の防水幕に亀裂があり、ここから雨漏れがしていると思われます。

部分をアップで見る!!(亀裂があり、口を開いています)


一般的に、この様な防水の寿命は12~13年と言われているので、限界に来ていると思われます。

◎今回は、この様な現場の防水に適したゴムシート防水で工事をすることにしました。

*作業の様子。
 
最初に、高圧洗浄をします!! 洗浄作業の様子を、外から見る!!

洗浄後、下地処理をして1列目のゴムシートを施工します!!


下地処理!!


①から④の順序で下地処理をしました。

①‥洗浄後、既存上部にノロを塗りました⇒既存の表面の亀裂や割れ部分を塗りつぶす表面補修。
②‥プライマー塗り⇒③のボンドと下地の接着を良くします。
③‥接着ボンド塗り⇒ゴムシートの接着剤です。
④‥粘着テープ張り‥ゴムシートのコーナーや合せ目に張り、シートのめくれを予防します。

 
2列目に張るゴムシートを、準備します!! ③の接着ボンドを、塗ります!!

この順序で、ゴムシート張りが完了しました!!


仕上げにゴムシートの表面に、トップコートを塗りました!!(ゴムシートを保護する塗料です)
<排水ドレンも交換しました>


立ち上がりの端末に、押さえ金物を施工しました!!(ゴムシートのめくれの防止として)


以上で、今回の倉庫の陸屋根の防水工事の完了です。

ちなみに、今回のこの防水工事のみ(約30㎡)の総工事費は¥185,000-でした。
<諸経費、消費税込み>



*今回は、防水工事とは別に倉庫と母屋の屋根の間の張られていた波板も張替えました。
 
既存の波板の状態が悪いことと、防水工事を行う場合立ち上がり部分に波板が乗っているため
 一旦解体し、防水工事が終わった後、新規の波板を張りました。
部分の波板を、張替えます!! 防水工事後、新規の波板を張っています!!

*今回の工事の時に、母屋の防水の状態も悪いことが分かり、後日こちらの防水工事も行うことになりました。

母屋の屋根の現状!!


こちらの防水はゴムシート防水で行われていて、やはり14年経っていると言うことで、塗られていたであろうトップコートは、剥がれ落ちてほぼ無く、合せ目や亀裂から入ったと思われる雨水が屋根の下部の下に溜まっています。

*この作業の様子も、後日紹介します。
 片屋根に太陽光発電パネルは施工されているため、ちょうと厄介な作業になりそうです。